R

IIDX 2020/12 上手いプレーを再現する

SUD+を大幅に下げたところ認識がかなり楽になり、可能性を感じた月でした。

白数字を169から269まで増やし、それに合わせてカスタマイズも調整したところ(キービームをベリーショート、判定文字をヒロイックバースに)、前よりもずっと自然に認識ができるようになりました。

 

その中でも目線が一切ブレない、いわゆる「覚醒した」日が月の前半で数日あり、後半はその日の上手い認識を再現することに腐心していました。

何も考えなくてもうまくいく日を経験したことで、自分にとっての「上手いプレー」というのがどういう状態なのかを体感することができたのですが、その感覚はその日たまたま降ってきただけで、翌日以降はまた元に戻ってしまいました。普通の日にその「上手いプレー」を再現するためには、上手い日と普通の日で何が違うのかを感じ取り、その違いを埋めるようなアップをしてあげる必要があります。まだ試行錯誤の途中ですが、この観点で試したことについてはまた別に書こうかなと思っています。

 

今までACでアップをする時は、☆9から☆12まで2クレくらいかけて徐々に難易度を上げていき、うまくできれば先に進む、できなければもう一回その難易度をやる、という感じでした。ただ今回いろいろ考えて、スコアやBPを基準にするのではなく、「上手いプレーの感覚をつかんだかどうか」を基準に難易度を上げていく必要があることを学びました。感覚を一度つかんだら上に行ってOK、つかむまでは(たとえそれなりのリザルトが出せたとしても)安定レベルにとどまり、緑数字を増やしてその感覚をつかむことだけに集中するという感じです。

逆に言うと、地力の下限以下にある譜面は、上手いプレーを思い出せていなくてもある程度押せてしまいます。そのまま上手いプレーを思い出せていない状態で☆12に行っても当然あまり押せなくて、「今日は☆11なら更新できるのに☆12がイマイチだな」という日がそこそこあったのですが、そのあたりに原因があるのではないかと思います。

 

☆12の更新は、イージーが5個、ハードが11個。

9月~10月にひたすら練習して何も効果を感じられなかったと思っていた高速が、12月になって突然上手くなりました。自覚できるレベルで無駄な力が抜けるようになり、AKASHIC BREAK、THE DAY OF JUBILATIONSなど、前は速さで腕が固まってしまったような曲にハードがついたのが嬉しかったです。

高速の次のテーマとして、今は指の独立性の向上に重点的に取り組んでいるつもりです。TrahisonやV2を何回やってもまったくできるようにはなりませんが、上の経験から、こうやって地道に経験値を稼いでおけば数か月後にふっとできるようになる日が来るかな、と思えるようになりました。できないことに向き合うモチベーションというか、いつか必ず形になるという希望が持てました。

 

イージーの方は地力A+の物量の重い譜面に手をつけ始めました。ランプがつくわけではないのですが、1曲通してもそこまで疲れなくなったことに成長を感じます。最近☆11のEXHも進むようになってきていて、簡単な部分が楽に押せるようになったおかげでスタミナが持つようになったということなのかもしれません。

Satelliteでもsl5のイージーに本格的に手を出せるようになってきました。

f:id:for_rio:20210103150800p:plain

 

また個人差系については、連皿だけ集中的にプレーする日を作るようにしました。先月の試行錯誤の結果、3日連続で鍵盤をやると疲労の回復が追いつかないことが分かったので、今は2日鍵盤→1日皿というサイクルで回しています。

皿単体で降ってくる部分はある程度回せるようになったと思うのですが、皿側の鍵盤と絡むと何もできなくなってしまうので、その点が次の課題です。灼熱リミ、ジャックトランスのHYPERなど、連皿複合の入門のような曲にたくさん触れるようにしています。

2020/12 読書月記

  • Think right

Think right 誤った先入観を捨て、よりよい選択をするための思考法

意思決定を誤らせるありがちな先入観(52個)について説明している本です。「生存バイアス」「サンクコスト」「ハロー効果」など有名なものもありますが、先入観というのは他にも数え切れないほど存在するようです。

そしてそういった先入観というのは、場合によっては人類の生存本能として培われてきたものであったりします。例えば、狩りをしていて前を進んでいる人が突然逃げ始めたら、その理由が分からなくてもとりあえず自分も逃げないと死んでしまいます。ただ株やFXで同じ行動を取ったら損しそうですね。この複雑な現代社会は、もしかすると人間という生物が自然体では生きづらいレベルにまで進化してしまったのかもしれないと思いました。

いろいろな先入観の中で、私が特に気をつけようと思ったのはこのあたりです。

  • 山のようにある選択肢の中で完璧なものを選ぶことはできない。選ぶこと自体がストレスになり、選ぶのをやめたり、変な条件で絞り込んで不幸な選択をしてしまったりする。 →完璧主義はやめて、最初から「まずまずの答え」で満足するつもりでいた方が結果的に良い選択ができる。
  • 一貫性のあるストーリーを作るために、そのストーリーに合わない事実を無視してしまいがち。 →そのストーリーから外れている事実がないか検証する。特に私の場合は悲観的なストーリーを組み立てがちなので、ポジティブな事実を無視していないかきちんと探す。
  • 偏った方向に動いたものは、すぐに偏りが解消されるように反対方向に動くことが多い。痛みがひどい時に病院に行ったら良くなったというのは、単に普通の状態に戻っただけで、病院に行かなくても同じ結果になっていたかもしれない。 →治療、トレーニング、練習などの効果があったかどうかの判断は慎重に。

 

  • だから私はメイクする

だから私はメイクする

美意識について15人の一般女性が匿名で語っているエッセイ。漫画化とドラマ化もされました。日頃友人と美容関係の話はしても、この本のように「何のために装うのか」というところまで突っ込んだ話をすることはそうそうないのではないかと思います。

推しているアイドルにかわいいと言われるためにメイクしたり、コスメが趣味でTwitterでコスメアカウントを運営する「自分のために」派。デパートの販売員として相応しい装いをするため奮闘する人や、マネージャーに怒られて泣きながらメイクを覚えた元アイドルなど「他人のために」派。スナックに体験入店しようとしたら制服が入らなくてショックを受けたことをきっかけにダイエットを決心した人、ドバイの美容サロンで働いて自意識に対する見方が変わった人など「何かを探して」派。それぞれの人の美容に対する情熱(人によっては執着)が赤裸々に綴られていて、今まで知らなかった趣味の沼を発見したり、見てはいけない自意識の深い部分を覗き見てしまったような気持ちになったりします。

 

  • アイドル、やめました。

アイドル、やめました。

AKBグループの元アイドル8人の卒業後のキャリアについてインタビューした本です。

自身も元アイドルである著者が最初に語っている言葉が、自分と重なって心に突き刺さりました。「アイドル時代の経験をどう成仏させたらいいのかわからなかった」「元アイドルという大きな十字架を背負うことが、誇りであると同時に大きなコンプレックスだった」。私の場合はアイドルではありませんが、夢を追いかけて捨てたことのある人間には心当たりのありすぎる言葉でした。当時の濃密な経験にどこかで折り合いをつけて新しい平凡な日々を生きていかなければならない、というか自分自身が何よりもその「平凡な日々」を渇望していたはずなのに、戦う日々はもう終わったんだということをまだ整理しきれていない自分がいます。

ただ誰の話を読んでも、アイドルのように壮絶な競争をくぐり抜けてきた人は、自分自身のことをしっかり理解していると感じます。だから次のキャリアとして本当にやりたいことを見つけて、力強く進んでいけるのでしょう。彼女たちの話を読んで、自分自身もできたらそうありたい、過去をきれいに「成仏」させられなくてもいいので、せめて自分のやりたいことに正直に生きられるようになりたいと思いました。

今年買って良かったもの2020(ファッション)

  • BIÉDE ELEMENT 05《BOOK》BLACK EDGE

f:id:for_rio:20201219160524j:plain

持っていたバッグの一つが少しくたびれてしまったので、秋頃に新調しました。

ブランド名はビエダと読みます。デザイナーはあえて非公開、ジェンダーレス・ボーダーレスをコンセプトに立ち上げられたとのことです。実店舗がなく通販のみなのですが、私が購入を考えていた時はたまたま展示会をしていたため、そこで実物に触れることができました。

質が良く、高級感があります。真っ黒で四角いのでかっちりした印象を受けますが、ストラップの金具やポケットに刻印されたゴールドがフェミニンなアクセントを加えています(マルジェラですか?と聞かれたことがありますが、確かにそんな雰囲気があるかもしれません…)。形崩れしなさそうなしっかりした構造で、500mlのペットボトルやカメラが入れられるのも便利です。

ポケットに刻印されているのは、このバッグが作られた工場の緯度と経度のようです(中国の南部とのこと)。このご時世ですが、少しだけ海の向こうの世界との繋がりを感じられます。

 

  • allbirds Wool Runners

f:id:for_rio:20201219160830j:plain

スニーカーも前に履いていたものがへたってしまったので買い換えようと思い、素晴らしいものに出会いました。

allbirdsのスニーカーはとにかく履き心地が快適です。素足の延長のようで、靴を履いている感じがしません。散歩や旅行で長時間歩く時に最適です。ウール素材のおかげか、なんとなく足元が暖かくなるのも嬉しいです。また、実際にやったことはありませんが、なんと洗濯機で丸洗いできるそうです。

シンプルで丸みのあるデザインで、あまり合わせる服を選びません。ただ、店頭で見たところかなり主張の強いカラーも多く、色によっては服との相性に苦労するかもしれません。

 

  • UNIQLO ハイライズスキニーアンクルジーンズ

f:id:for_rio:20201219160953j:plain

普段着ている服の半分くらいユニクロなのですが、これはその中でも特に気に入りました。 

厚めの素材で肉感を拾わず、着圧効果があってお腹と太もも周りのボリュームを抑えてくれるので、脚のラインがとてもきれいに見えます。そのわりに伸縮性が高く、動きづらく感じることもありません。

ブラックは見た目あまりジーンズ感がないので、カジュアルなシーンだけでなく、会社などにも履いていけます。万能です。

 

f:id:for_rio:20201219163428j:plain

ヴェルニの中でも有名な色ですが、使ってみたところ本当に指がきれいに見えます。ネイルというのは爪を飾るためではなく、指をきれいに見せるために塗るものなんだろうなとこの時に初めて思いました。

1度塗りだとほぼ自爪に同化した感じですが、2回重ねるとしっかり発色し、とても美しく仕上がります。細かいパールが上品です。

 

  • EXCEL ネイルポリッシュ NL07 Earl Grey

f:id:for_rio:20201219164521j:plain

赤みがかったくすみブラウンです。肌馴染みが良くこなれた色だと思います。今年は上のローズカシェとこれをひたすらローテしていました。

写真は2度塗りですが、1度塗りでシアーな仕上がりにするのも素敵です。

今年買って良かったもの2020(美容)

  • Huxley OIL ESSENCE: ESSENCE-LIKE, OIL-LIKE

f:id:for_rio:20200823203701j:plain

韓国ブランドHuxleyの美容液です。「CAオイル」で話題になったオイルエッセンス(左)と、より乾燥肌向けというオイル(右)の両方を使っていました。

私は乾燥肌ではあるのですが、オイルエッセンスの方が合う気がしました。前にIPSAのカウンターで診断してもらった時に「水分も油分も同じくらい不足している」と言われたことを思い出し、オイルだけよりはオイルとエッセンスのバランスが取れていた方がいいのかもしれないと思いました(素人の感想です)。スッと瞬間的に浸透して保湿力もとても高く、ずっとリピートしています。

 

  • SHIRO OIL IN WATER ゆず

f:id:for_rio:20201219114725j:plain

家で過ごす時間が増えてから(鬼滅が観たかったというのもあり)Amazon primeを契約し、たまたま話題になっていたBEAUTY THE BIBLEのシーズン1を観ました。

これはその中で紹介されていたもので、日中などに使うフェイスミストです。上の話と被りますが、これもオイルとウォーターのミックスで、バランスの良い保湿ができます。スプレーする直前に振って使います。番組でも触れられていましたが、ミストがとても細かくて驚きます。

現在は在宅勤務で、狭い部屋で1日中エアコンをかけているので日中かなり乾燥を感じていたのですが、これをスプレーするとつっぱった感じが和らぎます。搾りたてのようなフレッシュなゆずの香りがして気分転換にもなります。 

 

f:id:for_rio:20201212173508j:plain

外出時に常にマスクをするのが当たり前になってからは、何か特別なイベントでもない限り、顔の下半分のメイクをしなくなりました。下地を塗って眉を描いてアイメイクして終わりという感じなのですが、最近はプラスアルファでこのハイライトを入れています。

マスクをつけているとどうしても顔に影ができてしまいますが、目の下から頬の一番高い位置のあたりにハイライトを入れると表情が明るくなります。色味も自然な光を足している感じで好きです。

 

  • サンバリア100 3段折・ストライプ

f:id:for_rio:20201219114322j:plain

完全遮光してくれる日傘です。紫外線のダメージを防ぎたい方にはもちろん、日光を遮ることでかなり涼しくなるので、夏場単純に暑いという方にもおすすめです。持ち運べる日陰という感じです。

 

通常の長傘のほか、折り畳みで三段折、二段折のバリエーションがあります。私の持っている三段折は一番コンパクトで、500mlペットボトルくらいのサイズ感なので、バッグにも普通に入ります。

三段折でちょっと面倒なのが、毎回1本1本骨を折りたたんで丁寧にしまわなければならないという点です。ただ、二段折の段階(骨を折りたたんでいない状態)でも下のようにくるっと巻いて留められるようになっているので、外出先でわざわざ折りたたむ必要はありません。私は一度開いたらずっとこの状態で持ち歩いて、家に帰ったら折りたたむようにしていました。

f:id:for_rio:20201219114525j:plain

 

f:id:for_rio:20201219114644j:plain

実はふるさと納税の返礼品としてもらったものです。

最近フェイスラインが気になってきたのと、眼精疲労が溜まることが多く、毎日入浴時にこれを使ってヘッドマッサージをしています。ヘッドスパエステティシャンの手技を再現したらしく、確かに人の指で頭皮をつかまれているような心地良い感覚があります。リフトアップ効果があるのかは正直分かりませんが、とても気持ちいいというのは間違いないです。

2020/11 読書月記

久しぶりの読書月記です。

 

  • プレモダン建築巡礼

プレモダン建築巡礼

今年手に取った中で一番自分に刺さった本がこれでした。

私は別に建築を学んだことがあるわけでもないのですが、なぜか建築物を見るのが昔から好きで、休日はよくカメラを持って見学に出かけます。この本を読むと、まるで自分が行ったような気持ちになって全国各地の名建築を楽しめます。

過去に行ったことのある場所については、より詳しい人の目線を借りて再訪するような視点で見られます。旧岩崎邸(昔このブログにも書きました)、迎賓館赤坂離宮などは、前に訪れた時のことを思い出しながら読んでいました。逆に存在だけは知っていた建物、全く知らない建物についても、詳細なイラストからその立体像をイメージし、建物の中を歩いている時の体験まで想像しながら楽しむことができます。読みやすくて気取らない解説文も好きです。

同じシリーズで、『昭和モダン建築巡礼』『ポストモダン建築巡礼』というものもあるそうなので、時代の順番で読んでみようかと思います。

 

  • 戦争は女の顔をしていない

戦争は女の顔をしていない 1 (単行本コミックス)

第二次世界大戦時のソ連の女性兵士の体験談を漫画化したもの。

洗濯部隊として爪が剥がれたり脱腸を起こすほどの重労働をさせられた話、生理の時でも男性と同じ下着しか支給されず地面を血で濡らしながら行軍していた話、自分の体重の2倍近くある負傷者を背負って何百人も救出した話など、女性兵士特有の壮絶な苦しみが語られています。

個々のエピソードにインタビュアーのコメントは挟まれず、語り手の記憶ベースで、時には話が途切れ途切れになったりしながら淡々と続いていきます。読みづらい部分もありますが、そうやって記憶が抜け落ちていたり、思いが乱れてうまく話せなくなったりするところが逆に生々しく、当時の経験の凄まじさを物語っています。

 

  • それでも、僕は泳ぎ続ける。

それでも、僕は泳ぎ続ける。 心を腐らせない54の習慣

入江選手というと日本水泳界を代表する(私でも知っているような)スター選手で、揺るぎない自信をもって競技に取り組んでいるというイメージを勝手に持っていました。ただこの本を読むとそんなことはないようで、あれだけの輝かしい成績を残しながらも、劣等感にさいなまれ、結果が出せない時はどん底まで落ちたりもして、それでも強い意志で上を目指してきた人なんだということを初めて知りました。

心が強いということには、そもそも落ち込まないか、落ち込むけれどもその後に必ず立ち上がれるかの二種類があると思っています。そして自分のようなネガティブ寄りの人間が目指すべきは後者、落ち込んだ後にしっかりリカバリーができるようになることだと思って、長い間自分の心と向き合ってきました。これは、そうやって落ち込んでしまったところから再び立ち上がろうとしている人の背中を押してくれる本です。

大きな試合で連敗して絶望し、Twitterで「自分が弱いのが辛い」と呟いたら、北島康介選手から「弱いから辛いんじゃなくて強いから辛いんだ」と返信が来て泣いてしまった、という話がとても印象に残っています。自分の全てをかけて戦い、その結果と向き合い続けてきたアスリートだからこそ、その言葉が出てくるのだと思います。私自身が自分の無力さに辛くなってしまった時も支えにしようと思った言葉でした。

IIDX 2020/11 トリルを鍛える

ACについては11月前半は相変わらず迷走していたのですが、月末あたりになって光が見えてきました。

前半は10月からの停滞感を引きずって、焦りで空回りしてしまっているような状態でした。今になって見返すと☆11のスコアがかなり伸びていましたが、その時はそれを成果と感じられませんでした。練習量が足りないのかなと思って、週4(2日やったら1日空ける)でやっていたのを週5(3日やったら1日空ける)に増やしてみましたが、疲労の蓄積で調子がさらに悪くなって泥沼にはまったりもしました。

ただ、その後でHSを落とした(白数字を増やした)ことで認識にかなりの改善が見られました。まだ試行錯誤の段階ですが、このHSを自分のものにできればまた大きく先に進める気がしています。

☆12の更新はイージー+7曲、ハード+3曲。ほとんどBISTROVERの新曲でしたが、最後の方で旧曲もいくつか更新できて嬉しかったです。

 

10月末に崩壊してしまった原因を考えてみると、できないことにばかり目を向けすぎたからかなと自分では思っています。

当時は高速乱打が押せないのを課題に感じ、2か月くらいプレー時間の7~8割は高速をやっていたと思います。できないことに集中して取り組んだことで、できないことしか視界に入らなくなり、そのうち「私には何もできない」という認識から抜け出せなくなってしまいました。個人差とされる連皿などと違って、軸押しや高速は地力系の範疇で、「どんなに苦手でも最低限できなければいけないライン」があると思い込んでしまっていたのも焦りの原因だったかもしれません。(冷静に考えるとそんなことはないのですが)

目が覚めたのは、「苦手なことはできるようになっていなくても向き合っているだけでえらい」と思えてからです。できたかどうかではなく、やったかどうかで自分を評価してあげてもいいんだな、と考えられるようになってから少し楽になりました。

 

一方でBMSは順調に進んでいて、今月はsl5のイージー、sl3のハードに少しずつ手が届くようになりました。sl3は復帰した頃にイージーの目標にしていたレベル帯で、当時イージーもできなかった曲にハードがつくようになったということにとても成長を感じました。

調子の良くない日も、sl1でハードできなかった苦手属性の曲(軸押しや連打、皿複合など)が次々と埋まったりして、地力の底上げができていると感じています。

f:id:for_rio:20201205165544p:plain

 

できないことに向き合うという面では、今月はトリルをテーマにしていました。具体的には以下のような曲目です。特に段位で散々苦労したTrahisonについては、BMSをやる日は毎日プレーしていました。

  • sl1 樟葉
  • ★2 Loki
  • ★6 Trahison
  • sl5 Alastor

ただ上述の件の反省から、できないことだけに取り組むのではなく、1日のうちに普通にできることをする時間も作るようにしていました。そうすると過剰にへこんでしまうことなく、できないことにもフラットな気持ちで向き合える気がします。

SHIBUYA SKYの最高のエスカレーター体験

昨年、長らく展望施設のなかった渋谷に新しくオープンエアの展望スペースができました。開業当初は混雑していましたが、最近はコロナのこともあってずいぶん空いていたので、近場へのGoToということで(?)先日行ってきました。

www.shibuya-scramble-square.com

 

 

高層ビルの最上階からエスカレーターに乗って屋上の展望スペースに向かうというスタイルなのですが、まるで上空に浮かんだエスカレーターに乗っているようで、とても新鮮でした。秋口に訪れたのですが、ちょうどいい気候で風も心地良かったです。

こちらは上りのエスカレーターです。新宿方面を向いていて、旧国立競技場や代々木公園の広大な森、ドコモタワーなどが見えます。

f:id:for_rio:20201115150531j:plain

 

下りのエスカレーターは西側を向いていて、センター街が見下ろせます。

こうして見ると東京の街はとても広く、地平線に至るまで無限に広がっています。ここに存在している無数の建物、暮らしている人のほとんどについて私は一生知ることなく、とても狭い世界を生きていくんだろうなという感想を持ちました。

f:id:for_rio:20201115151210j:plain

 

反対側は鏡のようになっています。この時は夕焼け空と外の景色が映っていてとても美しかったです。エスカレーターを降りたところの床も映り込んでいて、なんだかこの建物自体が空中に浮いている小島のように見えます。

f:id:for_rio:20201115151739j:plain

この場所だけでなく、SHIBUYA SKYは全体的に映り込みを計算して作られているようで、空の色や景色の反射がどこを取ってみても美しいです。

f:id:for_rio:20201115151919j:plain

 

 

エスカレーターの話ばかりしていますが、もちろん展望台に上がると渋谷周辺の景色を存分に楽しむことができます。こちらはスクランブル交差点を見下ろしたところ。お天気カメラの視点ですね。

f:id:for_rio:20201115161330j:plain

 

これは確か南側だったと思いますが、縦横に走っている道路が何層にもなって複雑に重なり合い、まるで未来の都市を見ているようです。

f:id:for_rio:20201115145513j:plain

 

展望台は周りに何も遮るものがなく、360度大パノラマの景色を楽しめます。夕方頃に行ったので、夕焼けがとても綺麗でした。

f:id:for_rio:20201115161543j:plain

 

もう少し日が暮れると、無数にあったビルが一様に夜の闇に沈んでいきます。

f:id:for_rio:20201115152040j:plain